淋病とはどんな病気?

淋病とは具体的にどんな病気なのか。その症状や感染経路、予防方法とは? - 淋病とはどんな病気?

淋病とはどんな病気?

若い世代が多く感染している淋病は、一般的にも少しずつ知られるようになってきています。性行為が感染の主な原因とされています。淋病という病気はどんな病気なのか、知ることが感染の防止にもつながります。

淋病という病気はどんな病気なのか?

ilugilg
淋病という病気の正式名称は「淋菌感染症」という名前です。淋菌は性行為などで感染する感染症の一つです。性病というと怖いイメージがあるかもしれませんが、淋菌自体はとても弱い菌としても知られています。乾燥や温度変化、消毒などで簡単に死滅する弱い菌としても知られています。
淋病は感染症の一つで、性行為が主な感染の原因となることが報告されています。稀に性行為以外でも感染することがありますが、ほとんど性行為以外で感染することはないと考えても良いとされています。感染症の中でも完治しやすく、適切な処置をすることで確実に治せる感染症だと言えます。

母子感染の事例もある

妊婦が淋病に感染した状態で出産すると、子供も淋病に感染してしまう場合があります。しかし淋菌はとても弱い菌なので、消毒などの適切な処置をすることで完治することができます。また感染している実感がないことも多いので、定期的に検査などを受けることが感染防止に一番効果があると言われています。
淋菌は感染者の粘膜から離れると、数時間で感染性を失うのが特徴です。感染症のイメージは「怖い」または「治りづらい」というイメージが先行しがちですが、淋病に関しては確実に治療できる感染症だということを忘れてはいけません。少しでも違和感などを覚えた場合は、すぐに病院に行くことをお勧めします。

淋病の主な症状

淋病に感染した場合、どのような症状を発症するのか覚えておく必要があります。感染していても気付かないことが多くある感染症としても知られているので、自分で意識してくことが大切になります。淋病は男性と女性で症状が違うことを覚えておく必要があります。
男性の場合は急性尿道炎を発症することが多く確認されています。しかし潜伏から発症までには2日〜7日ほどかかるので、発見が遅れることがあります。しかし尿の出始めに痛みを感じた場合は淋病に感染している可能性があるので病院で検査を受けるようにしましょう。
女性の場合は子宮頸管炎や尿道炎を発症する場合が多く確認されています。また自覚症状が出ることが少なく、感染から数日経ってから変化に気づく場合もあります。外陰部のかゆみやおりものの増加する程度の症状しか出ないため、慢性化してしまう場合も多くあります。少しでも違和感を覚えた場合は病院に行くようにしましょう。

妊婦は注意が必要

妊娠中に淋病に感染した場合、お中の子供が結膜炎を発症する原因になる場合があります。このような事態を防ぐためにも、定期的な検査を受けることが大切になります。適切な検査を受けることで、発症する前に淋病を治療することもできます。自覚症状が少ないからこそ、定期的な検査を受けることが大切になります。

まとめ

淋病は主に性行為で感染する感染症です。また淋病に感染しても、感染している自覚症状が出ることが少ないことでも知られています。淋病は男性と女性では症状も違うので、普段から体の変化には気を使う必要があると言えます。潜伏期間も感染者によって異なるので、異変に気付いたらすぐに病院に行くようにしましょう。
男性の場合は尿の出始めに痛みが生じた場合は、淋病に感染している可能性があります。また女性の場合は外陰部のかゆみやおりものの増加があった場合は感染している可能性があります。このような症状が出た場合はすぐに病院に行きましょう
淋病の原因となる淋菌は非常に弱い菌なので、病院での治療を受けることで確実に完治させることができます。少しでも普段とは何かが違うと感じた時は、迷わずに病院で検査を受けるようにしましょう。

新着情報

◆2016/09/27
淋病は怖い病気ではない!の情報を更新しました。
◆2016/09/27
淋病の治療方法は?の情報を更新しました。
◆2016/09/27
淋病とはどんな病気?の情報を更新しました。
◆2016/09/27
会社プロフィールの情報を更新しました。
◆2016/09/27
淋病の感染を防ぐには?の情報を更新しました。